小水力発電では、 地域の資源である水を使うのでその事業化には地域の合意が必要です。 また水量の調査や水利権、そして初期投資の大きさなどハードルが高いのです。そのため各県に協議会が設立されました。その使命は、当初の普及啓発から課題解決の助言や行政への提言、そして最近は地域発電所やそれを核とする地域プラットフォームの設立、地域ビジネスやの展開や地域創成へと、その使命が拡がっています。